ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

がん検診費用補助

厚生労働省で推奨されている「5大がん検診」に対して、検診料の一部を当健保組合が補助いたします。
ただし、事業主の実施する事業主健診(定期健診など)を受けられた方が補助金の対象となります。
なお、受けられる「がん検診」は、「全国の各自治体で実施されているがん検診」、または、「健診機関等で全額自費によるがん検診」を受けられた場合、どちらも補助の対象となります。
2020年度より、オリエンタル労働衛生協会大阪支部にて、5大がん検診を実施しています。
「難波神社」にて定期健康診断を受診されている皆さまにぜひがん検診の受診をおすすめしています。

検診の種類 検査の方法(注1) 補助の対象年齢・受診間隔(注2) 当組合からの補助額
(注5)
乳がん検診 マンモグラフィー
(乳房X線検査)
40歳以上 2年に1回
(注3)年度末年齢が偶数の方が対象
上限2,000円
子宮頸がん検診 子宮頸部細胞診 20歳以上 2年に1回
(注3)年度末年齢が偶数の方が対象
上限2,000円
大腸がん検診 便潜血検査(2日法) 40歳以上 1年に1回 上限2,000円
胃がん検診 胃部X線検査(バリウム)
胃内視鏡検査(胃カメラ)
50歳以上 2年に1回
(注3)年度末年齢が偶数の方が対象
当分の間、X線検査は40歳以上、毎年実施可
上限2,000円
肺がん検診
(注4)被扶養者のみ
胸部レントゲン検査 40歳以上 1年に1回 上限2,000円
  • (注1)各種がん検診の検査方法について、お住まいの自治体によって一部異なります。
    市区町村実施のがん検診の場合には、表記以外の検査方法であっても補助の対象となります。
  • (注2・3)各種がん検診の対象年齢・受診間隔について、お住まいの自治体によって一部異なります。
    市区町村実施のがん検診の場合には、表記以外の年齢・受診間隔であっても補助の対象となります。
  • (注4)被保険者の方は、事業主健診時に「胸部レントゲン検査」が含まれるため、被扶養者のみが補助の対象となります。
  • (注5)検診費用が当健保組合の補助額に満たない場合には、その実費を補助いたします。

  • ◎がん検診の対象年齢や受診間隔、実施方法などは各自治体によって異なりますので、詳しくはお住まいの市区町村へお問い合わせいただくか、ホームページ等をご参照ください。
◆ご請求について

がん検診補助金請求書」に必要事項をご記入のうえ下記書類を添付のうえ事業主からご請求ください。

  • ★添付書類
    がん検診受診者名簿
    検診実施機関等の領収書(写)
    (氏名・検診日・検診料金・検診の種類が明記されているもの)
    ただし、保険診療によるものは対象外となります。
  • ★請求方法
    被保険者・被扶養者共に「被保険者のお勤め先」からまとめてのご請求となりますので、お勤め先の担当者様へ上記添付書類をご提出ください。
  • (注)
  • ・保険診療によるものは対象外となります。
  • ・被保険者、被扶養者の個人からの請求は受付できませんのであしからずご了承ください。
  • ・がん検診受診月の翌月末までにご請求いただきますようご協力をお願いいたします。
  • 当該年度の健診事業のご案内は、「お知らせ」欄をご確認ください。
ページトップへ