ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

特定健康診査

「高齢者の医療の確保に関する法律」(平成20年4月施行)に基づき、特定健康診査・特定保健指導の実施が健康保険組合などに義務づけられました。

被扶養者の『特定健康診査』の実施要綱

◎特定健康診査とは、生活習慣病の予備群といわれるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して行うもので、40歳~74歳までのすべての方が対象です。

・被保険者 ⇒ 事業主が行う「定期健康診断」を受けていただきます。

・被扶養者 ⇒ 『特定健康診査の受診券』を発行し、「特定健診」を受けていただきます。

「健康保険組合連合会」との契約に基づき特定健診を行います。この契約により、全国のほとんどの病院・医院・クリニック等で特定健診の受診が可能となります。
被扶養者の皆さまには、毎年4月1日現在の有資格者(その年の3月31日時点で満40~75歳の被扶養者)を対象に「特定健康診査の受診券」を発行し、毎年4月下旬に被扶養者の皆さまのご自宅へ郵送させていただきます。
生活習慣病は、早い段階で病気の芽を発見することが大切です。年に1度は被扶養者の皆さまに特定健診を受けていただけるよう、広報活動等ご協力のほどよろしくお願いいたします。

対象者 40歳~75歳の被扶養者
(※年齢の算出は、年度末(平成29年3月31日現在)の年齢です。)
実施期間 4月1日~12月31日まで
(※定期健診・婦人健診等を受けた方は特定健診は受診できませんのでご注意ください。)
実施会場 全国の病院・医院・クリニック等(健保連集合契約A・B)
(※会場リストは、受診券に同封のうえご案内させていただきます。)
一部負担金
および
支払方法
【一部負担金】一律 1,000円(残りの費用は組合が負担します)
【支払方法】健診当日に、健診機関の窓口にてお支払いください。
実施方法

  • ①健保組合から特定健診の受診のお知らせ・受診券を送付します。
  • ②送付された「特定健診の受診方法について」を参考に受診する健診機関を選び、お電話にて予約をお取りください。予約の際には、必ず大阪装粧健康保険組合の加入者であることを伝えてください。
  • ③予約された健診機関から、各種問診票などが送付されます。
  • ④健診当日は、受診券・健康保険証・自己負担金(1,000円)・各種問診票等を持参し、受診してください。
  • ⑤健診終了後「健康診断結果票」が自宅に送付されます。
検査項目 問診・計測・血圧測定・検尿・血液検査等
(※詳細は、別途検査項目対比資料をご確認ください。)

おねがい
●パート先などで健診を受けられた場合

40歳以上の被扶養者や任意継続加入者の方がパート先などで特定健診を受けた場合は、健診結果を当健康保険組合にお送りくださるようご協力お願いします。(健康保険組合は特定健診・特定保健指導の推進とデータの保管を行う義務があります。)

特定健診等実施施設検索

当健康保険組合では、健康保険組合連合会との契約により、
■Aタイプ(健保連と健診団体が契約したもの)
■Bタイプ(各都道府県の各々の医療保険の代表者と医師会が契約したもの)
の両方の契約に参加しています。
健保連ホームページ「特定健診等実施施設検索システム」よりお探しください。

特定健診等実施施設検索システム

ご注意

  • (1)パスワードの入力画面では、次のように入力してください。
    パスワード
  • (2)印刷をする場合は、必ずページ指定を行い必要な箇所のみプリントアウトしてください。 ページ指定を行わないと大量に印刷される場合がありますのでご注意ください。
ページトップへ