ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

人間ドック(40歳以上の被保険者・被扶養配偶者)

主に「健診機関一覧表」に記載の健診機関にて受診していただきます。
なお、首都圏および関西圏以外の方で「健診機関一覧表」に記載のない場合のみ当健保組合までお問い合わせください。
健診料金は、予約時に各健診機関にてご確認のうえ、自己負担額は健診日までにお振込ください。
(健保組合宛に「利用申込」や「健診料金のお振込」がない場合には、補助できない場合がありますのでご注意ください。)

  • 40歳以上の方に特定健康診査料として当健保組合が健診費用の一部を補助しています。
  • 人間ドックを受診することにより、特定健診を受けたことになります。

◎女性のオプション検査の費用負担について

平成28年度より、乳がん検診・子宮頸がん検診にかかる費用の負担割合が変更になっておりますのでご注意ください。

※乳房視触診のみの補助はおこなっていません。

  • 乳がん検診(乳房超音波またはマンモグラフィー) 自己負担額 1,500円
  • 子宮頸がん検診(子宮頚部細胞診) 自己負担額 1,500円
対象者 40歳以上の被保険者・被扶養配偶者
(※年齢の算出は、年度末(3月31日現在)の年齢です。)
実施期間 4月1日から翌年3月31日までの1年間
(※定期健診・特定健診等を受けた方は人間ドックの受診はできませんのでご注意ください。)
健診料金
および
負担金額
各健診機関の契約料金から当健保組合補助額(25,000円)を控除した額

自己負担額各健診機関の契約料金健保組合補助額25,000円

  • ※乳がん・子宮頸がん検診追加の場合は、上記自己負担額にそれぞれ1,500円増。(注:コースに含む場合あり)
  • ※各健診機関ごとに契約料金が異なりますので自己負担額にご注意ください。
    なお、自己負担額の下限は10,000円です。健診機関一覧表にて確認ください。
申込方法
  • 当健保組合指定の健診機関に、直接電話等にて予約をしてください。
    (※予約の際に、当健保組合の組合員であることを必ず申し出てください。)
  • 予約が完了しましたら「人間ドック利用申込書」に必要事項を記入し事業主印を捺印のうえ、受診日の2週間前までに事業所を経由し、申込書を当健保組合へ提出してください。
    (※被扶養者の方は事業主の証明および経由は省略できます。)
  • 自己負担額は健診受診日までに当健保組合の窓口または銀行振込にてお支払いください。
検査項目 診察・計測・血圧測定・胸部X線・検尿・視力・聴力・胃部X線・便潜血・心電図検査・血液検査・肺機能検査・眼底・眼圧・腹部超音波
(※検査項目の詳細は、「健診種別・検査項目および健診料金」をご確認ください。)
オプション検査等について ★オプション検査について
  • 乳がん検診・子宮頸がん検診は、女性の方で希望者のみとなりますので、事前に予約をしてください。自己負担額は、それぞれ1,500円となりますので、申込書提出時に人間ドックの自己負担額とあわせて健保組合へお支払いください。(残りの費用は当健保組合が負担します。)
    乳がん検診は、「乳房超音波」または「マンモグラフィー」のいずれかを選択してください。
    「乳房視触診のみ」のオプション検査は、補助の対象外となりますのでご注意ください。
  • 原則、胃検診はX線検査とします。なお、健診機関によっては内視鏡検査に変更することも可能ですが、差額徴収が生じる場合は自己負担となりますので、各健診機関にてお支払いください。
  • 注)昨年度まで50歳以上の男性の方に実施していました「前立腺腫瘍マーカー(PSA)検査」は、今年度より休止となりました。希望される場合には、全額自己負担のオプション検査となります。
  • 当該年度の健診事業のご案内は、「お知らせ」欄をご確認ください。
ページトップへ